So-net無料ブログ作成
検索選択

子供を伸ばす「叱る」と「ほめる」の黄金バランス [日記]

2歳前後になると、イヤイヤ期やってきますよね?
例にもれず、我が家もやってきましたよ。

私も疲れてしまって、怒鳴ってしまったこと、多々あります。
でも、怒鳴ると親も子供もパニックなので、正直いいことないです。

怒鳴ることがあるたびに、私は泣いてしまいました。
慣れない育児と睡眠不足に、分かってくれない子供というストレスがさらに加わって、キャパオーバーになりやすくなっていました。

健康な人なら気持ちに余裕が持てる人が多いと思うんです。
我が子の場合、生まれた時から昼寝も少ないし、夜中は頻繁に起きるし、毎日毎日寝不足で疲れ果てていました。

それでも赤ちゃんの時は、ちょっとした悪戯も我儘も可愛いで済んでいました。
ただ、男の子の割には口が達者で、口ごたえが凄く、変な知恵はよくまわる子でした。

疲れ果てていました。

多分、相当疲れた顔をしていたんだと思います。

ある日、幼児教室の先生に言われました。

「叱る3割、褒める7割」

褒めるだけでもだめだし、叱るだけでもだめ。
ただし、叱るのは怒るのとは違う。
子供の目を見て、少し低い声で叱る。

私はこの先生の言葉に少し救われた気がしました。

この幼児教室に通う前、別の教室に通っていたことがあったんです。
そこでは「叱らない育児」をあげていました。
そこで、何か違和感を感じてやめることにしたんですが、その時の「叱ってはいけない」というインプットがあったために、変な罪悪感を感じていました。

でも、イヤイヤ期を含めてしつけには、何事も「これはいけないこと。なぜなら…」ということを、毎度立ち止まっては話し合わなければなりません。
そして、その約束事が出来た時にはとにかく褒める。
そうした達成感の積み重ねが子供の人格を作っていく。

やっぱりそれでいいんだな、と思えたんです。
「叱ってはダメ」という言葉に苦しめられていたことから、解放されました。

ちなみに、この良い言葉をくれた幼児教室の先生は、保育士の資格がある方です。
子供がいることで短い勤務が難しく、こうした幼児教室で働いているようなんですね。

今は迷うことなく叱るべき時に叱り、大袈裟なくらい褒めています。
我が子はちょっとずつ何事にも「できる、やりたい」気持ちを強く持てるようになってきました。

相変わらず、口は達者で、理論的で、腹立たしいこと一杯ですが。

何で、今日はこんな記事を書いたかというと、昼間ちょっと叱りすぎたんですよね。
明日は沢山、褒めてあげてバランスをとらないと。
自戒の意もこめて書きました。

ふと、考えました。
何だか、大人の男性も似ているような。
結構繊細で、注意し過ぎるといけないし、基本的には褒めていないとモチベーションが上がらない。

基本的な中身は変わらないってことですね。

やれやれ、我が家には褒めてあげるべき子供が2人いるってことか。

子供を伸ばす「褒める」と「叱る」の黄金バランス

電車大好き!子鉄さんにおくる感情力を育てる絵本 [絵本]

我が子は筋金入りの子鉄です。
歩けない頃から電車が大好きで、指差しの頃も電車が通ると大興奮しながら指差ししてました。

1歳半を過ぎた辺りからは、電車の名前を覚え始めました。

色んな電車も見に行きました。

新幹線は言わずもがな。

関西に旅行に行った時には、子供に大人気の「ラピート」も見に行きました。
目にした瞬間、飛び上がって喜んで側に駆けていったのは、私も忘れられない思い出です。

とある誕生日は、電車が見えるレストランでご飯を食べたことも。

でも、電車に乗るのと見るのとは別なようで、電車に乗っているとつまらないらしいですね。
その車体をみたいようで。

そんな電車好きな我が子が、毎日のように読んでという絵本の一つが、このシリーズです。

視覚デザイン研究所 のりものえほんシリーズ

視覚デザイン研究所というところが出している、のりものえほんシリーズ。

この絵本は、主人公が乗る電車は大抵架空の電車です。

しかし、本物の電車も沢山出てきます。

ほしぞら でんしゃ りゅうせいごう

「ほしぞらでんしゃ りゅうせいごう」より

これは何の電車だ、これは○○だ、と言いながら、探すのが楽しいページが並んでいます。

とても細かい描写が多いです。

いこうよ ともだち でんしゃ

「いこうよ ともだち でんしゃ」より

電車以外の街の風景に、色んな仕掛けがあり、子供達はそれを探して楽しんでいます。

文字数として多い方ではないのです。でも、この「これは何だ?」という発見が楽しくて、読み始めるととても長いんです。

たとえば、「ほしぞら でんしゃ りゅうせいごう」では、すべてのページに星座の絵が隠れています。
これが結構、自然な描かれ方で探すのが大変!

「いこうよ ともだち でんしゃ」では、おとぎ話の主人公たちが隠れていたり

「わくわく でんしゃ しゅっぱつ」には、色々な動物が隠れています。

どの絵本も、電車が進むにつれて、周りの景色が変わっていき、その風景にある物語がたくさん描かれているんです。

この絵本を企画している視覚デザイン研究所は、「感情力」を育てることをテーマに絵本を出しています。

乱暴にまとめてしまうと、EQを高めるために設計された絵本なんです。

視覚デザイン研究所のレポート(HP)を見ると、感情力=共感力(EQ)が生涯の幸せを決める最も大きな要素の一つだとあります。

一部の論文では、IQよりも大事だとする発表もあるようですね。

そのため、この絵本には細かな描写の中に、嬉しいものも悲しいものも色んな感情のある場面がちりばめられているんですね。

確かに、この絵本を読んでいる時の子供の食いつき方は、他とは違うように思います。

本当にこの絵本で感情力が育つのか

そして感情力が生涯の幸せを決めるのか
それを実感できるのは、残念ながら子供自身になるので答えは出ません。

でも「楽しい!」を引き出せる絵本という点では、確実におすすめいたします。






息子が抱きかかえて喜んだジュース [日記]

こんばんは。
ご心配をおかけしましたが、何とか生きてます!
回復が遅いのは、多分、率直に、確実に、歳のせいですが、そこは見えないことにします。

さて、週末は寝て過ごしてしまいましたが、冷蔵庫の中身が尽きかけていたので、仕方なく買い物に出かけることに。

いつものように必要な食材を買いました。
ついでにちょっと気になったジュースもカゴに入れていたら

ふと息子が目にして、「わーい」と抱きかかえて喜んだジュースがこちら。

KAGOME 糖度10 あまいトマト

KAGOMEの糖度10 あまいトマト
というジュース。
砂糖、食塩、無添加
トマト100%でございます。

パッケージからしてトマト、トマトしているのがよーくわかるこのジュース。
我が子の味覚がちょっと変わっている気がするのは、感じていましたが、ここまでとは。

我が子は魚肉ソーセージはオッケーなのに、普通のソーセージは美味しくない!という、何だか面倒な味覚を持っているようなんです。
お弁当にはソーセージを今まで入れたことがありません。

(そのちょっと困った味覚については過去にもこちらで書いています
http://chocolatesouffle.blog.so-net.ne.jp/2015-09-15

お友達の真似をして、お店で一緒に食べてみても
「美味しくなかった」
と、残すような子なんですね。

そして、無類のトマト好き。
お弁当には必ず入れています。

家に帰って飲んだ息子が一言。
「これ、トマトケチャップだ!美味しい!」
と、2杯も飲んでいました。

確かに濃くて、何だか甘い。
でも、しっかりと野菜臭い!
どちらかというと、これでトマトソース作ったら贅沢で美味しいと思うぞ、というお味でした。

この味覚が、今後どのように成長していくのか。
楽しみのような怖いような。

今宵はスーパームーンだそうですね。
ゆっくり月でも見ながら、体を休ませたいと思います。

レゴでお医者さんごっこ [レゴ]

連休明けから何だかダルかったワタクシ。
今日はついにダウンしていました。

昨日は、真央ちゃんの誕生日だーなどと沢山画像を載せていましたが、実は頭いたいなどと言いながらやっておりました。
ええ、おバカです。

今日、息子はパパとレゴで沢山遊んでいたようです。

レゴで知育

さて、寝ている私のところへやってきた息子。

突然、お腹と背中をポンポンとされました。

「口を開けてね、大きくだよー」
と口を開けられ、見られました。

腕にポンポンとされた後、注射

我が家にはお医者さんごっこセットはないので、自分でレゴで作ってきてくれたようです。

聴診器

レゴでお医者さんごっこ 聴診器

喉を見るための道具
先端に光るライトがあるそうです。
ボタンを押すと、霧状の薬まで出るとか。
何の薬!?

レゴでお医者さんごっこ

ピンセット。
注射前の消毒をするのに使ったみたいです。

レゴでお医者さんごっこ ピンセット

注射器。
針も出てきます。

レゴでお医者さんごっこ 注射器

息子による診察の様子を見ていたパパが一言。
「レゴって本当に万能だな」

9/25は浅田真央ちゃんの誕生日 [フィギュアスケート]

本日、9月25日は浅田真央ちゃんの誕生日
ということで、勝手に誕生祭をいたします。

誕生祭、何をしようかな?
好きな画像の放出でもしましょうか。
自己満足ですが、何か?

まずは、こちら。
記憶に新しいソチ五輪での涙。

image.jpg

静けさと緊張。

image.jpg

成功。

image.jpg

バンクーバー五輪では3A3度の成功。

image.jpg

座長のショーでは、2006年トリノ五輪銅メダル、2008年世界選手権金メダルのジェフリー バトルさんとのコラボが好評。

アラジン。ディズニーの雰囲気が似合う2人。

image.jpg

ボレロ。
驚異的なユニゾンを見せてくれた。

image.jpg

THE ICE 2010 オープニング。

image.jpg

こんな技もできるように。

image.jpg

タンゴ。
2008年に真央ちゃんが滑っていたエキシビジョンナンバーをペアに仕上げ直して。

image.jpg

コラボの始まりはこれ。
同じコーチの元で修行してきた仲間でもあるバトル氏と、世界選手権でダブル優勝したことから。

image.jpg

スパイラルという技。
驚異的な柔軟性と美しさ、そして技術。
スポーツとアートの融合。

ファンスパイラル。
これ真似するとストレッチどころではない。

image.jpg

image.jpg

スポンサーはうちの真央の方が可愛い合戦!
真央ちゃんのスポンサーになると、株価が上がるとの噂。

アルソア。カラー診断をして衣装を選んでいるとか。

image.jpg

オリンパス時代。

image.jpg

こんな舞妓さんいたら、売れっ子間違いなし。

image.jpg

カナダのカレンダーには、何故か毎年のように採用される。
カメラマンさんが亡くなるまで続いた。
カメラマンさん曰く「マオは美しいから」

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

表現力と技術、どちらも持っている選手として小さな頃から世界で注目されていました。

白鳥の湖。
曲名が秘密な状態の時、無音の練習風景が一瞬映っただけで、「白鳥の湖を真央が滑る!」とみんなが分かってしまったほどの表現力。

image.jpg

同じ体勢のスパイラルで、全く異なる演技。
バンクーバー五輪。

image.jpg

ジュニア時代を思い出して選んだ衣装。

image.jpg

祈り。

image.jpg

まだまだありますが、そろそろお開きにします。

ちなみに、私が真央ちゃんへの愛を叫んでいる記事はこちら。
http://chocolatesouffle.blog.so-net.ne.jp/2015-08-28

これからも、演技後には素晴らしい笑顔を見たいです。

image.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。